顎ニキビを治すためには

顎ニキビを改善するには優しい洗顔が重要

≪顎ニキビを改善するには優しい洗顔が重要≫

私がニキビに悩まされたのは、大人になってからのことでした。

肌に合わない化粧品を使い、痛みと赤みを伴うニキビが頬に出来始めたのです。

その原因は、その化粧品が私の肌にとっては強すぎて、肌の角質を傷め皮脂を落としすぎてしまったため、肌の免疫を弱めて雑菌が繁殖してしまったことでした。この状況を改善させるために私が気をつけたことは、洗顔方法でした。

まず、クレンジングは肌の上をゆっくりと滑らせるように行います。

4f57ee350bb307deee342dfdca0e7afe_s

次に洗顔は洗顔用石鹸をよく泡立てて、ふわふわの泡を肌に乗せるようにして、肌を擦らないように柔らかく撫でながら洗います。クレンジングや洗顔石鹸を落とす時は必ず水を使い、お湯では流しません。

お湯だと、皮膚を守る角質まで余分に落としてしまい、肌荒れに繋がるためです。

一連の作業は全て肌を擦らないように行うことがポイントです。

私はこのように皮脂や角質を落としすぎないようにすることで、肌の免疫力が元に戻り、結果ニキビを改善させることに成功しました。

生活習慣の改善で顎ニキビを治す!

≪「生活習慣の改善」で顎ニキビを治す!≫

20代後半の頃は最も仕事が忙しい時期で、夜仕事から帰ってきて寝るだけの生活になっていました。
スキンケアもおざなりでしたし、食事もコンビニ弁当ですませていました。

肌にはあごニキビができては治りを繰り返していて、首の方まで広がっていて、ニキビを隠そうとしてファンデーションも厚めに塗っていましたから、余計ニキビを悪化させていたと思います。

いつまで経ってもニキビは治らないし体の不調も取れなかったので、思い切って生活を見直すことにしたのです。

2ab517c192dea13114990204bba07849_s
まずはコンビニ弁当から脱出するために自炊を心がけて、不足していた野菜をなるべく取るようにしました。
そして、お昼にもお弁当持参で栄養バランスを考えた食事をするようにして、なるべく睡眠時間も確保するようにしました。

手を抜いていたスキンケアもシンプルな化粧水とクリームのみにして、その代わりしっかりと肌の奥まで浸透させるようにして、化粧水の付け方などにもこだわるようにしたのです。

そんな日々の生活改善が功を奏してくれて、半年くらいたった頃には繰り返していたあごニキビが再発することもなくなりました。
やはり体の健康と肌とは大きな関係があるのだと実感しました。

憎らしい顎ニキビにはプラセンタがオススメ!

≪憎らしい顎ニキビにはプラセンタがオススメ!≫

繰り返しできる顎ニキビは、深い場所にできるので治りが遅い。

しかも炎症を起こすタイプなので痛くて目立つのに、一度できると1つじゃ済まないから性質が悪いです。
いくつもニキビがあると不衛生な印象になってしまいますし、何もしなくても痛みを感じます。

違和感もあるのでつい触ってしまったり、なんとか隠そうとコンシーラーやファンデーションを多めに塗ってますます悪化させてしまったり、治りかけのものを寝ている間に潰してしまって傷を残してしまったりと、とにかく憎たらしい存在です。

顎にできる大人ニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れ、洗顔のし過ぎや乾燥肌ターンオーバーの乱れが多いと言われていますよね。

pose_1_mika
それらを一気に解消できるものは無いかと探していたら、プラセンタの存在に思い当たりました。

さっそくプラセンタサプリを飲んでみたところ、乾燥肌が和らぎ、ニキビの治りが早く、新しいものが出来にくくなりました。
服用量はパッケージの推奨通りに飲んでいたのですが、製品によってプラセンタの含有量が違い、1日のプラセンタ摂取量が800mgを超えるとまたニキビが発生してしまいました。

でも飲む量を減らすと、また顎ニキビは出来なくなりました。

体質によって境界値はそれぞれ違うとは思いますが、繰り返し出来る顎ニキビにはプラセンタサプリが良いみたいです。